請先啟用javascript

企業管理

コーポレート・ガバナンスの考え方

当社は、経営の理念に基づき経営目標の達成と日々不断に優れた製品を世に供給することで企業価値のさらなる向上を目指すとともに、企業人としての自覚を持ち公器としての使命を果たす企業活動を行っていきます。

また、全てのステークホルダーに対して公平性をもって情報を開示することにより説明責任を果たします。

当社は、日に新たに日々に新たに、また日に新たなる開拓者精神を推し進め、あらゆる苦難を乗り越えられる企業統治体制を構築していきます。

コーポレート・ガバナンス体制の構築

1. 取締役会を取締役と監査役で構成し、関係法令及び定款の定めるところに従い、当社経営管理の最高最終の意思決定機関として、法定事項を審査するとともに、会社業務執行上の重要な事項を決定若しくは承認します。
2. 経営会議は、取締役、理事・副理事及び参事により構成し、取締役会の審議決定以外の業務執行に関する審議決定機関とする。なお、取締役が審議決定すべき業務執行に関する事項については、必要に応じ事前に経営会議にて検討し、これを取締役会に上程します。
3. 戦略会議は、取締役、理事・副理事及び参事により構成し、経営会議の審議決定以外の業務執行に関する審議決定機関としています。
4. 当社は、会社法に基づき2名の監査役を設置しています。取締役の職務の執行を含む日常の経営活動の監査を行っています。監査役は、取締役会に出席し、違法または著しく不当な決議がなされることを防止するために必要に応じて意見を陳述しています。
また、経営監視機能を強化するために、監査役の1名は利害関係のない独立した社外監査役を招聘しています。
5. 取締役会の審議・決定の指標として、別途定めた倫理規定、情報開示規定を設けています。
6. 経営会議の審議・決定の指標として、別途定めた各種規定、BCP管理規定、危機管理規定、情報セキュリティー規定を設けています。

コーポレート・ガバナンス体制の概要

CSR報告2017-18

「2017-18 CSR報告」裡刊登千住金屬工業集團 CSR(企業社會責任)概念及相關活動。

查閱報告